ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

中学国語 文法

質問の答えについて

この質問の答えはわかりません。

引きずるようにして歩いている。
の引きずるがどうして連体形なのかがわかりません。
ように は体言ではないですよね。
bluefairy さんの質問 勉強レベル10
4か月前

回答(1件)

ベストアンサー
連体形の「下に来る部分」は、

名詞である必要はないです。

たとえば「の」って習いませんでしたか?

「ひきずるのは」という形の「ひきずる」も連体形です。



判別の仕方は(100パーセントうまくいくわけではないですが)、

「形容動詞で判別してみる」やりかたがあります。

終止形は「静かだ」:連体形は「静かな」です。

下に「の」が来る場合は「静かなのは」となるので、

「の」の直前は連体形だと分かります。



例文の「ように」だと「静かなように」なので、

「ように」の上は「連体形」だと分かります。



で、補足ですが、今やっている「現代文文法」は、

「古典文法」の導入って側面もあります。

古典の場合は「る・らる・す・さす 未然形」みたいに、

「全部覚えたほうが早い」です。

じゃ現代文の文法でもぜんぶ覚えたほうがいいのか、

(「ように」の上は連体形とか覚えるのか)、

というと、

国語教師になるのではない限り、

そこまでは要求されていません。

(例外が多すぎるし、変わっていくものなので)。

でも古文は(しつこいけど)覚えたほうがいいです。

(古文はもう変わらないから)。
個人家庭教師
マゴメ 個人家庭教師 埼玉県/入間市駅 4か月前
  • “形容動詞で判別してみる”やってみようと思います!

    ありがとうございました!!

    4か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています