ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

世界史B:ヴァージニア権利の章典

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

世界史B:ヴァージニア権利の章典です。

1766にアメリカで発表された「ヴァージニア権利の章典」とは、大英帝国の「権利の章典」と関係があるのでしょうか?

また、「自然権の保護」等がヴァージニア権利の章典には記載されているそうですが、以外に記載されていることはどのようなことなのでしょう。
斎藤 玲奈 さんの質問 勉強レベル4
2か月前

回答(1件)

関係や影響はあるかといえばもちろんありますが、

イギリスは「王様がいること前提」

アメリカは「そのイギリスとは違うぜ」でできた国ですから、

違うといえば違います。

大まかに言えば、

イギリスの権利章典は、

「王に対する議会の権利について書かれたもの」

アメリカのバージニア権利章典は、

「(当時のイギリスの)政府に対する市民の権利について書かれたもの」

というイメージです。

もちろん同年のアメリカ独立宣言とのつながりが深いわけです。

(どちらも1776です! 年号注意)



「自然権」ってのは「人が生まれながらに持っている権利」、

最近の日本で軽視されている概念が多いですから、

いちど目を通しておくことをお勧めします。



それ以外の概念というと、

「権力は集中させずに立法と行政と司法に分けてね(三権分立)」

(この後のフランス人権宣言にも大きく影響します)、

「政府が言うことを聞かない場合は革命で倒せる権利」

「自分に不利な証拠は提出しなくて良い」

「常備軍は避けるべきだし文民統制でよろしく」

みたいな感じです。
ベストアンサー
個人家庭教師
マゴメ 個人家庭教師 埼玉県/入間市駅 2か月前
  • ありがとうございます!年号を危うく間違えるとこでした!1776年!独立宣言と同じ年ですね!

    アメリカの権利章典では、政府と人民の社会契約という形だということですね!ありがとうございます!
    2か月前
クリックして回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています