ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

世界史B

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

1524~1525のドイツ農民戦争で、マルティン=ルターは当初農民軍を支持していましたが、結局は戦争の終結を求めるようになってしまいました。
ルターは農民を没落させようとしていたのでしょうか?
ここでルターが寝返った理由を教えて下さい。
斎藤 玲奈 さんの質問 勉強レベル4
3か月前

回答(1件)

まず一般的な説明をします。ルターは最初農民らに同情的だった。しかし、運動が過激化し、領主や教会を民衆が襲撃するようになり、その過激な運動に批判的だったため、戦争の終結を求めるようになった。

この流れを抑えるため、まずルターの世俗の秩序尊重という考え方がポイントになります。これは実は当然のことなのです。いくらルターが教会を批判したとしても、ルターを守ってくれる存在が必要になります。ルター派に共感する諸侯ですね。

しかし、トマス・ミュンツァーらは既存の秩序を守ることに反対し、過激な運動が展開されるわけです。これらは、ルター派諸侯の反発を招きますね。

ルターは当然、それら諸侯のご機嫌を取らなければいけないわけですから、そうした暴動の終結を望んだ、ということです。

以上のように考えると、流れがわかりやすいのではないでしょうか。
ベストアンサー
個人家庭教師
K 個人家庭教師 東京都/大泉学園駅 3か月前
  • ありがとうございました!つまりルターは自分を保護してくれる諸侯には頭が上がらないので、諸侯を困らせている過激派を批判したということですね。
    3か月前
クリックして回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
K
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています