ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

世界史 記述問題がわかりません

質問の答えについて

この質問の答えはわかりません。

3つわからない記述問題があります。

・北魏を征服王朝に含めず、浸透王朝とするのは何故か(本拠地、社会体制、文化の観点から)

・宋代の文化の特色はどのようなものか、またなぜそのような文化が生まれたのか(唐では国際的、貴族が担い手だったがなぜこれが宋では変わったのか)

・イスラーム教拡大の際、シリアやエジプトのキリスト教徒、ユダヤ教徒などがイスラーム教徒の支配を進んで受け入れるということが見られたがそれは何故か(シリア、エジプトのキリスト教徒は単性論派が多いことをふまえて)

宜しくお願い致しますm(_ _)m

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

1:

北魏は拓跋氏という異民族が華北を征服した王朝だが、

漢化政策を進め中国に同化した面が多く征服王朝には含めない。

首都は当初華北の平城に定め華北への移民を進めたが、

のちに中原の洛陽に遷都し、

服装食事言葉などを中国風に改める漢化政策を進めた。

また国教を道教に定め廃仏を進めたが、

のちに仏教に復し竜門や雲崗に中国を代表する仏教寺院の建設を進めた。

また6代孝文帝がおこなった均田制はのちの隋や唐に影響を与えた。

ズボンの着用や椅子の使用など日常生活の面でも中国社会に影響を与え、

「斉民要術」「水経注」などにみられるように、

科学技術も北朝を通して受け継がれていった。


2:

宋の支配階級は士大夫である。

彼らは唐の文化を担った貴族階級とは違い、

政治的には科挙に合格した官僚であり、経済的には新興地主、

何よりも文化的には儒教的教養を身につけた読書人であった。

士大夫たちは唐後半から興った古文復興運動の影響を受け、

国際性より国粋主義的な文化を好んだ。

その成果はのちに儒教文化圏を成立させることになる朱子学へと結実した。

また宋代の生産力の発展や経済力の成長を背景に実用的な技術が開発され、

特に三大発明のひとつである活版印刷によって庶民にまで文化は受容された。


3:

えーと

これは451年のカルケドン公会議で異端とされた単性説を、

シリア正教会やエジプトのコプト教会が支持していたから、

などと書かせたいかもしれませんが、

シリア正教会は単性説とみなされるのを拒否しているので、

答えとしては微妙です。


実質は、

「東ローマ帝国がその地域を取り返す力がなかった」

「シリアやエジプトで生き残るにはジズヤを納めるか改宗するしかなかった」

って感じでしょう。

  • 細かく丁寧に説明してくださりありがとうございました!(T_T)

    3番目についてなのですが、

    単性論派が異端とされたために単性論説を唱えている人々はキリスト教世界よりもジズヤを収めれば基本的な人権?があるイスラーム世界の方が生きやすかった? みたいな捉え方をしても大丈夫ですか?


    2か月前
  • それでも大丈夫です

    シリア正教会は「それは誤解だ」といいそうですけど。

    実際に改宗した人も多かったようです。

    2か月前

    マゴメ

    個人家庭教師
  • ありがとうございました!m(_ _)m

    1か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています