ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

一行目から2行目の式変形の途中式を教えて下さい!

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

一行目から2行目の式変形の途中式を教えて下さい!



一行目から2行目の式変形の途中式を教えて下さい!
さんの質問 勉強レベル2
4か月前

回答(4件)

あなたがベストアンサーに選んだ
集会所所長
さんは個人家庭教師をしています

無限等比級数の和の公式、「S=a/1-r」に代入しているのだと思います。aは初項、rは公比です。この問題では、初項が3/10、公比が(7/10)^3となっています。無限等比級数の和の公式は、等比数列の和の公式から導くことができます。教科書に載っていますので、確認してみてください。
個人家庭教師
鳩の家 個人家庭教師 埼玉県/鳩ヶ谷駅 4か月前
  • 数Ⅲの知識が抜けていました…ありがとうございます!

    4か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
鳩の家
さんは個人家庭教師をしています

ベストアンサー
無限等比級数の和の公式を確認してみてください。

あとは、与えられた式のどの部分が初項なのか?公比にあたるのか?



そこさえ押さえておけば大丈夫な気がします。

一点だけ、等比数列の無限和が収束するのは、公比の絶対値が1より小さくなったとき

という点は注意が必要です。今回の場合(7/10)の3乗は1未満なので収束です。



特に説明そのままですが添付しておきますね。



Masuo Ryuji 4か月前
もしかしたら、公式うんぬんということではなくて

自力で、考え方で導くということだったのかなと感じまして

厳密性はかなり疑問が生じてしまいますが感覚的にイメージなら

もと与えられた式をSと置いて、それとは別にSに公比をかけたものを並べて処理する

方法だと厳密な議論はひとまず置いておいて、イメージを捉えることが出来るのかな。なんて勝手に思ってます。

深読みでしたらすみません。とりあえず添付しておきます。



Masuo Ryuji 4か月前
  • とても丁寧な解説ありがとうございます!

    どちらもとても勉強になり、理解することができました!ありがとうございます!!

    4か月前
回答へコメントする

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています