ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

ローマの復活?

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

1848年、イタリアではマッツィーニらがローマ共和国を建国しましたが、オーストリア軍やフランス軍の介入を受けてしまいます。

なぜオーストリア、フランスはローマ共和国に干渉したのでしょうか?

サルヂニア王国がこの動きに乗じて教皇領を併合すると思ったからでしょうか?

だとしたらサルヂニアに攻めると思うのですが……
斎藤 玲奈 さんの質問 勉強レベル4
3か月前

回答(1件)

フランスとオーストリアを分けて考えて、

特にフランスの立場で見ると理解が早いと思います。

フランスにとってオーストリアは、

(3月革命でメッテルニヒが亡命したとは言え)、

依然として警戒すべき仇敵です。

北イタリア(富裕層が多い)に新しい国ができても構わないが、

オーストリアに出てこられては困るということですね。



サルデーニャ王国はカルロアルベルトを中心に、

オーストリアに対して挙兵していますから、

フランスとしては「ありがたい存在」と言えます。

潰す意味が薄い。



いっぽうローマ共和国はその名の通り「共和国」で、

王様がいません。

中心だったマッツィーニが「急進的な人物だった」というのは、

押さえておくべきポイントです。

のちに第一インターにも参加する社会主義者で、

イタリア「王政」に参加するのを断ったほどです。



労働者が選挙で敗れルイナポレオンが大統領となったフランスにとっては、

イタリアにそういう急進的な国が出来るよりは、

「王国」であるサルディーニャのほうが交渉しやすい相手だったはずです。
ベストアンサー
個人家庭教師
マゴメ 個人家庭教師 埼玉県/入間市駅 3か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています