ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

メタン分子の立体構造

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

Q:メタンの水素原子2個を塩素原子で置換したジクロロメタンCH2Cl2には異性体が存在しないという事実からメタン分子の立体構造に関して何がわかるか。簡潔にかけ。


私の回答とそれを導いた手順は以下の画像の通りです


正しい解答は「正四面体形である」でした。

何故この問題文から「正」四面体であると判断できるのでしょうか。


不思議に思い、調べましたが、共有結合の長さはやはり原子によって異なるとのことです。


【質問1】ということはC-Cl間とC-H間の長さには違いがあり、正四面体にはなり得ないと思うのですが、なぜ正四面体であるという解答が導けるのでしょうか。


【質問2】また、仮に、一般に「ジクロロメタンは正四面体形」であると知られていたとしても、この問題文から「正」四面体であると判断することはできるのでしょうか。




回答(1件)

ベストアンサー

「異性体が存在しない」というのは厳密に存在しないわけではなく、「理想的な意味で存在しない」ということで、数学的に厳密な「正四面体」とは言わずにあえて「正四面体''形''」と言っているのも(←本当はごくわずか違うかもしれないという可能性の意味を込めて)ポイントではないかと自分は思いましたが、、、

Dog 2か月前
  • なるほど。

    厳密に正四面体では無いということですね。

    ありがとうございます

    2か月前
回答へコメントする

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています