ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

ベトナムvs中国•カンボジア

【質問の答えについて】

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

1970年代から、ベトナム、カンボジアはともに社会主義国となりました。
しかし、1978年にベトナムがカンボジアへ侵攻します。そのベトナムに対し中国がベトナムに侵攻します。

これって、社会主義国同士が侵攻し合ってるということですよね。

なぜこんなことになったのでしょうか?

社会主義国が増えると、彼らにとっては嬉しいことだと思うのですが……私達にとっては嬉しいことではありませんが。
斎藤 玲奈 さんの質問 勉強レベル4
1か月前

回答1件

大きく言えば「隣の国同士で仲良いことってほとんどないよね」という話です。

さらに言えば「ベトナムと中国は歴史的にずっと仲が悪い」。

当時の状況で言えば「中国とソ連も論争を繰り返し、対立していた時期」です。



カンボジアは悪名高き「ポル・ポト政権」だったわけで、

親米政権を倒したことで中国と仲がよかった政権です。

ポルポト派のあまりにひどい虐殺やベトナム系住民への迫害で、

ベトナムがヘンサムリンを支援する形でカンボジアに侵攻しました。

「この裏にはベトナムのインドシナ統一への野望があるはずで、

しかもおそらく裏で支援しているソ連の陰謀だよな」と思った中国が、

ベトナムに対して侵攻したという流れです。



現在のプーチンと習近平の仲の良さからは想像が難しいですが、

中ソもやはり基本的には仲が悪いです。
マゴメ 埼玉県/入間市駅 1か月前
ベストアンサー
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています