ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

フェーリング反応におけるカルボン酸

質問の答えについて

この質問の答えはわかりません。

画像はある大問の中にある小問です。

解説はフェーリング反応の反応式です


ここで疑問が生じました。


フェーリング反応は塩基性条件下で起こります。

塩基性条件下ですので、カルボン酸は中和されRCOO-として存在するはずです。

しかしながら解説ではRCOOHとなっています。

特別な条件においては中和が起こらないのですか?




tanaka10111011 さんの質問 勉強レベル5
3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

カルボン酸の種類(Rの中身)によるけど、ここではカルボン酸が水に溶けないで沈殿することを想定しているんじゃない。

ちなみにRが大きくなればカルボン酸は水に溶けない。

  • この問題では合計炭素数が4の化合物を考えています。

    つまり、このカルボン酸は酪酸であり、炭素数4以下であるので水とは任意の割合で溶けるはずです。

    (化学の新研究より)

    3か月前
回答へコメントする

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    フェーリング液に入れて加熱する操作はフ 問3 ェーリング液の還元で,アルデヒドの検出に用 いられる。生成する沈殿は赤色で酸化銅 (1 ) Cu-0 である。反応式は以下の通りである。 RCHO+2Cu + 40H RCOOH + Cu20 2H20

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する