ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

センター国語(小説)2002年解説お願いします。

センター国語(小説)2002年解説お願いします。

解答見ても分からなかったりするので解説お願いします。

問1(ウ)について質問です。



問題文:

http://www.toshin.com/news/center/kokugo12/pdf/2002center_kokugo_q2.pdf





問1(ウ)について、解答では①「不都合だ」が正解とされていました。が、

なぜ⑤の「不本意だ」でないのか疑問です。

果たして、あの状況を『見られたら』、『不都合』なのでしょうか。



『不都合』とは、都合の悪いこと。

『不本意』とは、自分の本当の気持ちと違うこと。

です。



また、私は本文を読んで、「私」は「あの状況を見られると面倒な事になる」と考えたのではないかと思いました。

つまり、あの状況を『見られたら』、面倒な事に=望まぬ状況に=『不本意』なのではないか、ということです。

①が正解だとしても、何をするのに『不都合』なのかわかりません。

以上から、私は⑤のほうが適切なのではないかと思ってしまうのですが、①が正解とされている理由と、⑤が正解ではない理由を教えてください。

ご回答お願いします。
1年前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
難しく考えすぎてドツボにはまっているのではありませんか。不都合、不本意の使い方について考えて見ましょう。



例えば、車が渋滞して会合に遅れそうな時。これは、不都合なことであり、不本意なことではありません。



また、不本意な成績となった、とは言えますが、不都合な成績となったと言うと意味が違って来ませんか?前者では、「頑張ったけれどイマイチ良くなかったなあ」という感じがしますし、後者では「うわぁ…こんな成績じゃあ親に言えないぞ…」というニュアンスが感じられます。



都合とは、他のものとのやりくりや、事情のことです。不都合とは、これが悪いことを言います。



本意とは、本当の気持ち・意思のことです。不本意とは、これがうまくいかなかったことを言います。



> > つまり、あの状況を『見られたら』、面倒な事に=望まぬ状況に=『不本意』なのではないか、ということです。



この場合、都合=兄たちとの人間関係の具合と考えられます。本意にあたるものがありません。おそらく、本意=兄たちとの人間関係を無難に過ごすこと(あるいは良くすること)と考えたのでしょうが…これは消極的な意思であり、強く希求する意思ではないですね…

例えば、あなたが掃除をサボっている場面を先生に見つかった時。これは不都合な事態であり、不本意な事態ではありませんね?「他のものとのやりくりや関係」が悪くなるので困るのであり、「本当の意思・気持ち」が通せないから困るのではありません。



同様に、この小説の場面では

他人に暗闇で妻と何かしている場面を見られたら、「他のものとのやりくりや関係」が悪くなるから困る(=不都合)のであり、「本当の意思・気持ち」が通せなくなるから困る訳ではありません。





精一杯論理的に説明しようとしても難しいですね…結局のところ、日本語のニュアンスの問題ですね。センター試験を解くときというのは、得てして考えすぎて日本語が分からなくなるものです。そんなときは、例文を作って考えましょう。
  • 理解できました!

    ご回答ありがとうございました!

    1年前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る