ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

エネルギー

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

56です。

解説で、板の速度が0ということは理解できました。

ですが、式が解説のようになりません。

私は、はじめばねが自然長からz縮んでいる時と、最大の時を考えました。

式は1/2kz^2+0=0+1/2mv^2このようになり、なぜ間違っているのかが分かりません。

回答よろしくお願いします。


4か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

板の質量はMなので、Pが離れた瞬間の板の速さをvとすると

1/2kz^2+0=0+1/2Mv^2

になります。


あとはvを求めて代入すれば良いです。

Pが板を離れるまでの力学的エネルギー保存則から

1/2kl^2+0=0+1/2(m+M)v^2

となります。

先生の詳細情報

tamu
個人家庭教師
愛媛県/大街道駅 ※オンライン指導も可
■中学生:時給2500円 ■高校生:時給3000円
  • 中学生
  • 高校生
  • 小学生

もっと丁寧に指導を受けられる個別指導も依頼受付中!

この先生にチャットで問合せする
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(72件)

問題集・参考書の情報

河合出版

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

(af)-k 55 自然長までは板とPを一体化して 考えればよい。自然長での連さをもと 54 滑らかな水平面上で, ばね定数kのばねに結 |ばれた質量mの小球Pを自然長の位置0から 1だけ引いて Aで放す。わでの速さ,OA の中点での速さ,およびばねの縮みの最大 P C A すると M+ 値 xmを求めよ。 M+m 55°ばね定数々のばねに質量Mの板を取り | 付け,板に質量mの小球Pを接触させ, ばねを1だけ縮ませてから放す。 Pは自然 長で板から離れ,水平面から曲面へと上 がっていく。Pが達する最高点の高さんを求めよ。 その後はP単独での力学的エネルギー 保存に入る。 ラーmgh h= 2g kl 2(M+m)g 摩擦はない。 Pが板と力を及ぼし合っている間は全体 として保存し,離れれば単独で保存する。 ばねの最大の伸びxはいくらか。板は水平面上を動くとする。 56* 前問で, T 56 自然長位置以後, 板は板で力学的エ 物体系の力学的エネルギー保存則 動するときには, 1つの物体だけでは力学的エネルギー保存則が成り立た ない。物体系全体について立式する必要がある。 複数の物体が...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する