ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

てんびん算

てんびん算です。

3枚目の左右3:7=9点:21点に分けるところに支点がくるというのがよくわかりません。

てんびん算 てんびん算 てんびん算
  • ありがとうございます!

    1年前

回答(1件)

オンライン家庭教師
たとえば「90点の人1人と50点の人1人の平均」だと、

90と50の真ん中に支点が来る(1:1)と考えて、

40割る2でどちらからも20のところ「70」に支点を置く。

次に「90点の人2人と30点の人1人の平均」だと、

2人と1人だから支点の位置が「重くなる2人の方へ」ずれるわけね。

「1:2」になるわけです。

△△▲△△△△

↑       ↑

90                        30

90と30の差が60だから「60割る3」で20、

90から20引いたところで70。

もちろん「全部足して210だから3人で割って70」でいいんだけど、

数が大きくなった場合は、

天秤のイメージを持つと、

計算が楽だよってことでした。



問題文だと「3人と7人」だから、

全体平均の「54」点から、

「重くなる7人のほうへ」「3:7」の割合でずれるってことです。

平均点の差は「30点」だから30を「3:7」で分けて、

「9:21」の割合で支点がずれるという感じです。

ちなみに合格基準点ってのは計算すると63点だけど、

平均点の差を出すためのものだから無視して良いです。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

マゴメ
オンライン家庭教師

自己紹介

講師歴25年・四谷大塚10年・市進10年・ベータ進学教室8年・文系科目指導。 ・中学高校受験...

合格実績

予備校3年 市進10年 四谷大塚10年 家庭教師10年 ■中学 麻布:お茶の水女子大付属:海城:広...
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る