勉強お役立ちコラム

 

こんにちは!すっかり秋めいてますが、皆さん衣替えは済みましたか?せっかく四季があるので、服でも季節を楽しまないと損かなと最近は思っています。気候に合った服を着るのは体調管理の基本の一つでもありますしね!!

 

さて、皆さん勉強の方は順調に進んでいますか?NoSchoolを普段から使ってくれている皆さんの中には、もしかしたら「もっともっと質問したい!」「わからないところを文章化するのが難しい…」「回答は24時間以内に大体もらえるけどそれでも待っている時間がもったいない!!」というふうに思っている人もいるのではないでしょうか?

 

そこで頼りになるのが、塾や家庭教師といったシステムです!学校の先生にはなんとなく聞きにくいことも塾の先生になら聞けたり、個別指導や家庭教師の先生なら授業の時間中ずっと質問し放題だったりするので、心強いですよね。

 

集団/個別塾なら広告宣伝がたくさんあるから、どこにあるか・どういう特徴があるか・料金体系などがわかりやすい場合が多いですが、家庭教師の場合は、個人でやっている先生も多いので、せっかく良い先生が近くにいても情報が届かなかったりして、結局広告が目につきやすい大手の塾や家庭教師センターを利用して「本当にこれで良かったのかな…」ともやもやすることもあるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、家庭教師を利用する際の選び方について、よくある方法やオススメの方法を皆さんにシェアしていきたいと思います!

 

1.知り合いに紹介してもらう

 

ずっと同じような成績だった友達が、なんだか最近成績が伸びている…聞けば、「最近始めた家庭教師の先生が良い感じなんだよね♪」と言うではないか!!そこで友達に頼んで紹介してもらい、友達の紹介だからちょっと料金もお安くなって、授業も友達が言っていた通りとてもわかりやすい!優しいし話しやすいし成績も上がったし、もうサイコー!!友達の紹介なら怪しい人じゃないし、安心ですよね♪

 

…というのが、知り合いの紹介で家庭教師を見つけるよくあるパターンかと思いますが、なかなかこんなうまい話が転がっていないのがツライ現実ですよね。。。

 

そもそも、紹介してもらえるほど親しい知り合いが、人にオススメしたくなるほど良い先生に出会える確率もそう高くはないですし、知り合いには良い先生でもうちとは相性が悪かったり条件が合わなかったり、紹介はしてもらえたけど上手く行かないパターンもあります。とはいえ、もしも知り合いでとっても良い先生がいたら、紹介してもらって会ってみるに越したことはないですよ。

 

2.掲示板を利用する

家庭教師の先生を探すには、家庭教師募集の掲示板という方法もメジャーな方法の一つです。訪問可能エリアや出身・在学大学で検索したり、先生のPR・自己紹介文が読めたりするので、多くの先生方の情報に触れることができます。また、こちらから先生募集の投稿をすることができる掲示板もあり、こちらの求める条件を書き込んでおくと、ピンポイントで条件に合う(もしくは合わせてくれる)先生がコンタクトを取ってくれることもあるようです。

 

こちらも上手くいけば大変素敵な方法なんですが、とにかく掲示板は情報が多い!多すぎて情報迷子になることがしばしばあります。最近はLINEやSKYPEを使った遠隔家庭教師という方法もあるので、エリアなんか関係ないとなると、ますます情報の波に溺れてしまいます。

 

また募集投稿をするにしても、ある程度こちらの情報を明らかにしないと集まりにくいですし、だけど個人情報につながるようなものは隠したい…となると、なかなか優秀な先生の目を引くことができる募集文を書くのは難しいですよね。また、掲示板の向こうの先生が怪しい人物じゃないかどうか、疑い始めるとキリがない…といった感じで、多くの情報に触れられる一方で不安の多い方法でもあります。

 

個人契約専門の業者に依頼する

個人の家庭教師の先生を紹介してくれる、紹介業・派遣業のような業態をとる会社もあります。全国ネットの大手の会社もあれば、スーパーなどに手書きのチラシを置いているような、地域密着型の会社もあります。筆者もこのような業者に家庭教師として登録した経験がありますが、その会社では、最初に先生を探す生徒・保護者から申し込みが入ると、まずは経験豊富な社員が訪問し、保護者や生徒の要望や傾向を詳しくヒアリングし、その生徒・家庭に合いそうな先生を選んで紹介していました。

 

媒介のプロが間に入ることで、家庭側からも先生側からも満足感のあるマッチングが実現できており、また先生が教える中で悩みに直面すると、社員の方が親身に相談に乗ってくれたりして、良い指導・良い関係構築が実現できるシステムが確立していました。

 

一方でこういった登録紹介業者を利用する際には一定の制限があることがあります。紹介料は少額だったり無料だったりするけれども、そのかわり教材の購入や料金の安さを重視している場合はその時給より上の質の高い先生には行きあたらない、といった場合など、その業者が得意とする範囲の中の先生にしか出会えない、という可能性もあるかもしれません。

 

4.家庭教師探しはNoSchoolがオススメ!

ここで、これまでにありそうでなかった全く新しい、NoSchoolで家庭教師の先生を探す方法をご紹介します!

 

NoSchoolには、個人契約の家庭教師の先生を紹介する機能があります!!こちらのページから、NoSchoolに登録している先生を探すことができます。NoSchoolでは紹介料を取っていませんので、支払う金額は先生の指導に見合った指導料(と交通費等の実費などはご相談)のみです。ほぼ全額が「勉強・成績の向上に直接つながるお金」となるのです。

 

また、エリアから探す機能は他の掲示板サイト等と同様ですが、NoSchoolのユニークなところは、質問ページで質問に回答している内容から先生の特徴を具体的に見ることができ、合う・合わないの判断に非常に役立つというところです。今まではこのような情報は、知り合いの紹介や体験授業など、誰かが実際に授業を受けてみないとわからない情報でしたが、NoSchoolを使えば、誰かが時間的コストを払わなくてもこの重要な要素を知ることができます。

 

NoSchoolの先生のページにアクセスすると、その先生の自己紹介や料金の情報が出てきて、さらに下にスクロールすると、その先生がこれまでにNoSchoolで答えた質問について、どの教科が多かったかグラフで見ることができ、先生の得意科目が一目瞭然です。これまで先生の得意不得意は自己申告を信用するしかなく、授業が始まって初めてそれが本当かどうかわかるものでしたが、NoSchoolにおける質問への回答は、一種の実績です。その先生が入試に合格した実績である出身(在学)校や、その先生が受け持った生徒の合格実績といった、これまでにも容易に知ることができた先生の情報だけでなく、いわば「授業の実績・記録」とも言えるNoSchoolでの質問の回答から、その先生の指導力や人柄を見ることができるのです。

 

 

さらにさらに、「やはりネットでは怪しい人に当たらないか不安…」という人にも朗報です。NoSchoolでは、先生の登録にあたって本人確認ができる身分証明書の提出を先生にお願いしており、提出済みの先生のプロフィールページには「本人確認済」の表示があります。この表示は現在多くの先生方のご協力のもと、全ての先生に付けられているため(2018年9月22日現在)、ネットでの家庭教師探しに不安を感じている方にも安心してご利用いただけます。

 

 

いかがでしたか?勉強はいつも最終的に自分一人でしなければいけないものです。ですが、誰かの助けが必要になるときが必ず来ます。学校の先生や塾・家庭教師の先生や友達など、いろんな人の助けを借りて、でも借りられないときやそれでも足りないときなどに皆さんのお役に立ちたくて、質問サイトのNoSchoolは誕生しました。

 

NoSchoolでは先生方からお金をいただいておりませんし、また逆に先生方にお金をお支払いしているということもありません。金銭的な関係が何も無い中で皆さんの質問に真摯に回答してくださっている熱心な方ばかりで、中には驚くようなキャリアをお持ちのプロ中のプロといえるような先生もいらっしゃいます。

 

このように、能力も熱意も溢れるような素晴らしい先生方の指導が、一生懸命勉強に取り組む皆さんにもっともっと届けられるように、家庭教師の紹介ページができました。これからもNoSchoolは、もっと知りたい、もっとわかるようになりたいと思う皆さんの力になれるよう努力してまいります。皆さんの勉強が、うまくいきますように!